〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
「総合運動場公園駅」より徒歩8分、「学園都市駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~12:00 × ×
15:00~19:00 × × ×

休診日:第2/第4土曜、木曜、日曜、祝日

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いはどういったところですか?

いざ入れ歯を作製する際には「入れ歯を自費か、保険のどちらで作製するか」選択をしなければなりません。せっかく作製するのであれば、いいものを作りたいと考える人が大半だと思いますが、一体、保険で作製する入れ歯と、自費で作製する入れ歯の違いはどこにあるのでしょうか。そこで今回は、保険で作製する入れ歯と、自費で作製する入れ歯の違いについて詳しくご紹介して参りたいと思います。

 

精密度の違い

保険で入れ歯を作製する場合には、指定された材料と工程や条件内で作製しなければなりません。一方、自費の場合には、自由に材料や工程を選択でき、品質の高い材料や、高度な技術を必要とする工程などで入れ歯を作製することができるため、精密度の高い入れ歯を作製することができます。

 

噛み合わせの違い

入れ歯を作製する上で重要な噛み合わせでありますが、保険で入れ歯を作製する場合には、細やかな噛み合わせの型取りをおこなうことが難しいとされています。一方、自費の場合には、納得いくまで細やかな型取りをおこなうことができるため、より噛み合わせが考慮された入れ歯を作製することができます。

 

装着時の適合性の違い

保険で入れ歯を作製する場合には、レジンと呼ばれる歯科用プラスチックが採用されています。プラスチックは耐久性に劣るため、強度を補強するため、入れ歯が厚めに作られています。一方、自費で作製する入れ歯の場合、金属を使用できるため、厚さを抑えて作製することができ、装着時の適合性は高いとされています。

 

審美性の違い

保険で作製する入れ歯は機能性が優先されるため、審美性は劣ってしまいますが、自費で入れ歯を作製する場合には、審美性を重点においた入れ歯を作製することもできます。

 

耐久性の違い

自費で作製する場合は、金属床を採用できるため、耐久性に優れた入れ歯を作製することができます。一方、保険で作製できる入れ歯は、そのすべてが歯科用プラスチックで形成されているため、金属と比べると耐久性に劣り、誤って落としてしまうと真っ二つに割れやすいなどといった、デメリットもあります。

 

以上今回は、保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いはどういったところがあるのか、詳しくご紹介して参りました。入れ歯を作製する前には、保険と自費で作製できる入れ歯のメリット・デメリットを理解した上で、保険と自費のどちらの入れ歯を作製するのか、選択しましょう。入れ歯治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

以下のページもご覧ください

25年以上の経験を持つ院長が、吸着がよく、お口の中で安定しやすい入れ歯をお作りします。噛み合わせにもこだわり、健康で若々しい口元を目指します。

スマイルデンチャー、コンフォートデンチャー、金属床義歯、ディンプルデンチャーなどのより良い機能の入れ歯治療を行っています。

初診時には、問診、カウンセリング、X線検査などを行い、治療計画の説明後に治療に入ります。入れ歯の完成後には、メインテナンスをしっかりと行います。

車いすとベビーカー乗り入れ可能。仕切られた診療台でモニター写真を活用して診療します。デジタルレントゲンで被ばく量を低減しています。

スマイルデンチャー、コンフォートデンチャーのメリットとデメリットやお値段、マルチディンプルデンチャーに対するご質問はこちら。

入れ歯に関するお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

078-797-0235

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:15:00~19:00
休診日:第2/第4土曜、木曜、日曜、祝日

078-797-0235

〒651-2102
兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
神戸地下鉄西神・山手線「総合運動場公園駅」より徒歩8分、「学園都市駅」より徒歩13分