〒651-2102 兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
「総合運動場公園駅」より徒歩8分、「学園都市駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~12:00 × ×
15:00~19:00 × × ×

休診日:第2/第4土曜、木曜、日曜、祝日

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

入れ歯治療をする場合、残っている歯は抜いたりするのでしょうか?

 

基本は抜きません。しかし、歯がグラグラで今でも抜けてしまいそうな場合などは抜歯することもあります。

 

「入れ歯を作る際に、残っている歯を抜いた」なんて話しを聞いたことはありませんか?いざ自身が入れ歯を作製することになり「まだ歯が残っているのに歯を抜かなきゃダメなのか?」と、不安や疑問な気持ちを抱く人も少なくありません。そこで今回は、入れ歯治療をおこなう場合、残っている歯を抜いたりする場合があるのか、詳しくご紹介して参りたいと思います。

 

歯が1本残っている場合は?

自身の歯が1本の残っている場合「残り1本だし抜いてしまおう」なんて理由で、歯をむやみに抜くことはまずありません。1本でも健康な歯が残っている場合は、残存歯にクラスプなどを掛ける歯として活用することができ、1本歯が残っているか、いないかで入れ歯の安定性も大きく変わっていきます。

 

しかし、入れ歯を支える力が1本の歯に集中してしまったり、無意識に自身の歯で噛む癖がつき、噛み合わせのバランスが崩れてしまったりと、1本の歯に負担が掛かりすぎてしまい、それが原因となり、最後の1本の歯を失わないように留意しなければなりません。

 

抜くまではいかないが弱っている歯の場合は?

これ以上、歯冠部分を維持できないと判断した場合には、歯冠部分を削り、歯の根っこ部分を残すこともあります。残った歯の根っこ部分に、入れ歯を口の中で維持するための装置を装着することで、入れ歯を安定させることが可能となります。

 

これを残根上義歯と呼び、通常の入れ歯より寿命が比較的長くなるとも言われています。

 

残っている歯がグラグラしている場合は?

残っている歯がグラグラしている場合には、抜歯を検討する場合もあります。抜歯以外に手立てがなく、周囲の歯に影響を与えかねない場合、歯科医師から抜歯をすすめるケースも少なからずあります。しかし、抜歯をおこなうか、おこなわないかは、患者さま自身で判断してもらうことが重要であり、「なんとしても歯は残したい」と考える場合には、なんとか歯を維持できるようにするしかありません。

 

以上今回は、入れ歯治療をおこなう際に、残っている歯を抜いたりするのか、抜く必要があるのか、詳しくご紹介して参りました。歯は1度抜いてしまうと二度と生えて来ることはなく、維持できる歯を入れ歯のために抜くことはありません。入れ歯治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

以下のページもご覧ください

25年以上の経験を持つ院長が、吸着がよく、お口の中で安定しやすい入れ歯をお作りします。噛み合わせにもこだわり、健康で若々しい口元を目指します。

スマイルデンチャー、コンフォートデンチャー、金属床義歯、ディンプルデンチャーなどのより良い機能の入れ歯治療を行っています。

初診時には、問診、カウンセリング、X線検査などを行い、治療計画の説明後に治療に入ります。入れ歯の完成後には、メインテナンスをしっかりと行います。

車いすとベビーカー乗り入れ可能。仕切られた診療台でモニター写真を活用して診療します。デジタルレントゲンで被ばく量を低減しています。

スマイルデンチャー、コンフォートデンチャーのメリットとデメリットやお値段、マルチディンプルデンチャーに対するご質問はこちら。

入れ歯に関するお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

078-797-0235

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00
午後:15:00~19:00
休診日:第2/第4土曜、木曜、日曜、祝日

078-797-0235

〒651-2102
兵庫県神戸市西区学園東町6-6-4
神戸地下鉄西神・山手線「総合運動場公園駅」より徒歩8分、「学園都市駅」より徒歩13分